「という」と「こと」を減らすだけで、文章はぐっと読みやすくなる

[ 文をスッキリさせる ]

・という
・こと
・もの

文を書くときに多用しがちな言葉です。
これが使われると、文に脂肪がつきます。

相手に伝えたいなら「言葉は短く」が鉄則です。短くすると、言葉がシンプルになります。

そもそも「なぜ多用するか?」といえば、

①言い切りを避ける
②自分の言葉をそのままテキスト化する

ためです。

----------
①は日本人の特質からか、はっきり意思を伝えるのが苦手だからだと感じます。「です」や「ます」で言い切れるのに、言い切らない。こういった文が溢れてます。

②は「自分の言葉が相手に伝わる」という、固定観念からです。相手と自分は違うことがわかれば、使う言葉も理解しやすい言葉も違います。だからこそ伝える言葉は、シンプルにすべきです。
-----------

言葉選び一つで、閲覧率が変わります。
言葉の取り扱いは、思っている以上に重要です。

ネタネタ超 | 読み直したい情報ネタをいつでも。

「なるほど!」と思える、忘れたくない情報ネタに出会うことがあります。その情報をtwitterやFacebookでその場でアウトプットして処理をするのとは別に、議事録として大切な情報をこのネタネタ超に残しています。読み直したい本を本棚に置いておくように、読み直したい情報ネタを、いつでも引き出せるようにしたいと思っています。