【地方移住特集:前編】若い世代で高まる“地方移住願望”。半数以上が「関心あり」

[ 地元採用の在り方を考える ]

20〜29歳のうち、

・地方移住を決めている 10.1%
・現在検討中 16.3%

およそ4人に1人は、「地方移住」に心が振れています。そして、地方移住後の働き方は、

・独立して働きたい 30.3%
・現地の会社に就職したい 18.0%

およそ2人に1人は、働き方の自由を求めての地方移住だといえます。 

どれだけ都会の人が「愛媛に移住したい!」と思うのかによりますが、都会の人が「働きたい!」と思う環境が提供できれば、企業ありきで地方移住が促進されると感じます。

「地方の採用が強くなる」
といえます。

従来型の採用「地元の学生への就職促進」ではなく、「都会の学生からの入社願い」に繋がる会社づくりを促進する必要があります。

「若者が働きたくなる自由度の高い会社」

採用コストを、会社づくりのためのコストに、転換させる必要があると感じます。

ネタネタ超 | 読み直したい情報ネタをいつでも。

「なるほど!」と思える、忘れたくない情報ネタに出会うことがあります。その情報をtwitterやFacebookでその場でアウトプットして処理をするのとは別に、議事録として大切な情報をこのネタネタ超に残しています。読み直したい本を本棚に置いておくように、読み直したい情報ネタを、いつでも引き出せるようにしたいと思っています。