焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ

[ 急成長させる上で大切なこと ]

うどん屋「丸亀製麺」が、焼き鳥屋「とりどーる」に転換し、急成長。

大切にしている経営姿勢は、

・経営リスクに対してのスピーディーな対応
・事業フェーズごとの戦略設計
・時代の流れに適応させる

この3つです。

それを踏まえて「丸亀製麺」は、競合との差別化を徹底しています。

★売り場力
他社がまねできない魅力の追求
→製麺機の設置(Live感の演出)

★商品力
「コスト増」「非効率」をあえて実行
→打ちたて、茹でたて、作りたて
→小麦100%

★価格力
コスト感の幅を広げる
→商品の最下限価格は290円とという低価格
→天ぷらやおにぎりで単価UP

他者ができないことを、経営戦略に組み込む。

価値の感じ方は、デザインできると感じます。

ネタネタ超 | 読み直したい情報ネタをいつでも。

「なるほど!」と思える、忘れたくない情報ネタに出会うことがあります。その情報をtwitterやFacebookでその場でアウトプットして処理をするのとは別に、議事録として大切な情報をこのネタネタ超に残しています。読み直したい本を本棚に置いておくように、読み直したい情報ネタを、いつでも引き出せるようにしたいと思っています。