インスタでキラキラ、リアルで自虐。なぜ「結婚のリアル」は話しづらいのだろう。

[ 「ほのめかし」投稿が増えている ]

おしゃれなカフェで2人分のドリンクを並べて写真を撮り、彼氏ができたことを書かなくても匂わせる。

そういった「ほのめかし」投稿が増えてます。

少し前まで「彼氏です!」と、主張する投稿が多かった。アピールすることで評価をもらう、そういったスタイルが主流でしたが、SNSでマウンティングするのに疲れてはじめている。

「ほのめかし」投稿は、日本人らしい奥ゆかしさが感じられます。そして、10代がその投稿にシフトしつつあるというのが、何より興味深いです。

若者は流行に敏感とかではなく、10代にも、その「ほのめかし」が「伝わる」ということが、極めて重要だと感じます。

情報を発信するなら、情報の受信する立場にならなければならない。そうでなければ、発信感度が下がり、相手に情報が伝わらなくなると感じます。

ネタネタ超 | 読み直したい情報ネタをいつでも。

「なるほど!」と思える、忘れたくない情報ネタに出会うことがあります。その情報をtwitterやFacebookでその場でアウトプットして処理をするのとは別に、議事録として大切な情報をこのネタネタ超に残しています。読み直したい本を本棚に置いておくように、読み直したい情報ネタを、いつでも引き出せるようにしたいと思っています。